クラビット・細菌性感染症の治療薬紹介

クラビット

クラビットとは、レボフロキサシン水和物を主成分とする抗生物質で、クラミジアなどの感染症をはじめ、グラム陽性菌・陰性菌、レジオネラやマイコプラズマなどの細菌にも有効とされています。 クラビットの効果は、細菌のDNA(遺伝子情報物質)の複製を防ぐことで繁殖を防ぎ、殺菌する効果があるため身体に現われている症状を治癒してくれます。

従来まではニューキノロン系のタリビットという抗菌薬が主流になっていましたが、クラビットは難治性の感染症にも効果があり、抗菌力が強いことから国内で最も使用される抗菌薬の1つとなりました。副作用も少ないと言われており、セフェム系やペニシリン系の抗生物質にアレルギーがあり服用できなかった人でも服用が可能となります。様々な感染症(呼吸器・皮膚・尿路)に作用し、耳鼻科領域の感染症に対しても用いられることがあります。

ラビットの成分

クラビットとなる成分レボフロキサシン水和物は、様々な感染症に用いられる医薬品です。 レボフロキサシンは、ニューキノロン系合成抗菌薬。

主な適応疾患
1.肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、急性気管支炎、乳腺炎、肛門周囲膿瘍、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)、尿道炎、感染性腸炎、腸チフス、パラチフス、コレラ、涙嚢炎、麦粒腫、瞼板腺炎、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、、炭疽、ブルセラ症、ペスト、野兎病、Q熱。

2.膀胱炎、表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、ざ瘡(化膿性炎症を伴うもの)、外傷・熱傷および手術創等の二次感染、胆管炎、胆のう炎、バルトリン腺炎、子宮内感染及び付属器炎、子宮頸管炎(錠剤のみ)。

3.他の薬剤と併用しヘリコバクター・ピロリ (Helicobacter pylori) の除菌に用いられる事がある。

クラビットの効果

クラビットの効果は細菌によって感染が起こり、発赤や腫れ、時に化膿や痛み、発熱などの苦痛を伴う症状の原因となっている細菌のDNA(遺伝子情報物質)の複製を防ぐことで繁殖を防ぎ、殺菌する効果があるため身体に現われている症状を治癒してくれます。感染率が国内でもトップクラスのクラミジア性感染症に適応があるので処方機会も多くなっています。また、アクネ菌に対しても殺菌・抗菌の効果があるため、ニキビ治療に対しても効果を発揮します。

クラビットの副作用

クラビットの副作用は少ないと言われ、軽い症状として下痢または吐き気などの症状や発疹などが現われることがあります。