子供の肺炎・小児肺炎の原因と症状また治療方法紹介

子供の肺炎

子供の肺炎、つまり小児肺炎は、風邪を引いて、喉や気管で起きた炎症がこじれて肺胞にまで広がることで発症します。

原因と症状

子供の肺炎の原因は、大人と同じように「ウイルス」「細菌」「マイコプラズマ」の3つに分けられます。原因によって症状も多少異なりますので、それぞれの特徴に注意してください。

ウイルス性肺炎
子供の肺炎の半分以上はウイルスが原因だといわれています。いわゆる風邪を引き起こすウイルスのほか、RSウイルス、インフルエンザウイルス、アデノウイルスなどが挙げられます。発症から2~3日は軽い風邪症状があらわれ、その後急速に悪化して激しい咳に見舞われ、呼吸困難を引き起こす場合もあります。

細菌性肺炎
肺炎球菌、黄色ブドウ球菌、溶連菌といった細菌が肺に入り込むことで発症します。40度の高熱が突然出て、痰のからんだ咳が現れるのが特徴です。

マイコプラズマ肺炎
マイコプラズマと呼ばれる微生物が原因で発症します。学童期に多く見られ、重症になるわけではありませんが、喉の痛みや鼻づまりなどの風邪の諸症状や発熱、痰の絡む咳が長期間続くという特徴があります。

治療方法

原因によって治療法は少し異なり、細菌性肺炎とマイコプラズマ肺炎であれば抗生物質を使って原因に直接働きかけます。そして、解熱剤や咳止めなどを使って症状にあわせた対症療法を行います。

ウイルス性肺炎の場合は、ウイルスの特効薬がないので対症療法のみになります。症状が軽ければ通院による治療で問題ありません。しかし、咳がひどくて水分が取れず脱水状態になっていたり、高熱が続いていたりするようなら、症状が治まるまで1週間以上入院が必要になるケースもあります。

風邪であれば3日もすれば症状が治まってきます。しかし、4日以上咳や発熱が続くようなら肺炎の可能性が疑われるので、一度小児科を受診しましょう。胸部レントゲン写真を撮影すれば肺炎かどうかがわかりますので、早めに検査をしておくと安心です。